全身脱毛した後のアフターケアではどの様な事が行われるの?

福岡 全身脱毛 アフターケア

「脱毛のアフターケア」と呼ばれる施術内容があります。

 

この場合の「アフターケア」は一般的な意味とは違っていて、「光照射後でお肌が受けたダメージを軽くするためのケア」ぐらいの意味です。

 

お店ごとにその内容の濃さが違います。それだけに、エステサロン・脱毛サロンを選ぶ時の隠れた決め手と考えておきましょう。

 

・光照射を受けた後のお肌の状態

 

光脱毛とは、皮膚の外から強力な光を当て、その光のエネルギーで毛根や毛母細胞を焼いていく方法です。

 

エステサロンのほとんどがこれを採用しています。フラッシュ脱毛、IPL脱毛、SSC脱毛などと呼んでいるエステもありますが、単に別名と考えていいです。基本的な仕掛けは変わりません。

 

色の白い皮膚の表面はすり抜け、色の濃い毛根などだけが受け止める波長の光を使います。とはいえ、毛根の周囲などもダメージがゼロにはなりません。

 

光照射を受けた後は、皮膚が熱を持って、火照っています。これを鎮め、失った水分を補給するのが、脱毛施術の場合のアフターケアです。

 

・まずは時間をとって、クールダウン

 

最近の脱毛機種であれば、光照射と同時に冷却する機能も持っています。ですが、それでは十分ではありません。

 

やはりアフターケアは必要なのです。

 

ていねいにやるエステならば、お肌のほてりがある程度治まるまで、時間をおきます。その後の保湿ケアです。

 

化粧水などをたっぷりと施してくれます。

 

逆に簡単に済ませるところならば、すぐに冷蔵庫で冷やしたおしぼりなどを当てます。それで、ほぼ全ケアが終わりです。あとは「家に帰ったら使ってください」と、お肌用のクリームが手渡されるぐらいです。

 

もちろんていねいにやってくれるにこしたことはありません。ですが、その分料金は高めになります。

 

「保湿ケアはどうせ家に帰ったら自分でもやるのだから、簡単でもいい」と割り切れるかどうかで、どちらがいいかは変わってくるでしょう。

 

・脱毛施術を受けている期間は日ごろから注意が必要

 

家に帰ったら、まずはおふろに入りたい気分かもしれません。

 

ですが、当日はがまんしましょう。せいぜいが温めのシャワーを浴びる程度で済ませます。

 

サロンでの保湿ケアがなければもちろんのこと、あってももう一度自分でも保湿ケアをしましょう。

 

また、日ごろから、「保湿ケアを十分にする」「紫外線を避ける」といったことを心がけておきましょう。脱毛施術を受けている間は、いつもよりもお肌は敏感になっています。

 

いくらていねいにアフターケアをしてくれるエステで脱毛を受けていたとしても、エステでカバーできることには限界があるのです。

 

 

⇒アフターケアも充実!福岡の全身脱毛情報

 

 


関連ページ

全身脱毛はどのくらい通ったら効果がでる?
エステのお試しコースでは何に注意したらいい?
肌が弱くても全身脱毛しても大丈夫?
全身脱毛のメリットはいろいろ
全身脱毛の効果的なやりかたはどうするの?
全身脱毛のお得なねらい目プランはどこがいい?
脱毛サロンの掛け持ちってアリなの?
脱毛サロンの選び方って?
全身脱毛はどんな流れで施術する?脱毛サロンで慌てないように!
脱毛サロンは都度払いの方がいい?
全身脱毛エステの月額制とは?
ゴムで弾いた程度と言われる全身脱毛の痛み・本当はどうなの?
全身脱毛を受けるための事前処理におすすめの道具について
生理中や妊娠中・産後の全身脱毛を受けることは可能なの?
年々進化している?プロが使う全身脱毛のための装置の特長
よくある全身脱毛はキャンペーンで体験する事が出来る?
脱毛サロンの全身脱毛の最新技術ってどうなっているの?
vio脱毛はどのくらいの期間を考えるべきか?
vio脱毛をエステの光脱毛が人気な主な理由について
vio脱毛はサロンで脱毛すると恥ずかしいもの?
全身脱毛の予約を取る方法とキャンセル時のペナルティ
子供でも受けられるの?全身脱毛の年齢制限について
全身脱毛を受けるなら顔脱毛が含まれているかどうかをチェック
体毛が薄い人でも全身脱毛を受けることはできるの?
全身脱毛を受けると背中ニキビが改善するのはなぜなのか
全身脱毛を受けた後にやってはいけない事・避けたい事とは
学割制度もあり?学生におすすめの全身脱毛プランの選び方
毛周期に合わせた全身脱毛の間隔・通う期間と頻度について
全身脱毛を行うエステサロンのスタッフの性別について
全身脱毛の痛みの強さと我慢できない場合の対処法とは