vio脱毛をエステの光脱毛が人気な主な理由について

今でこそ、VIO脱毛が一般的になってきていますが、かつては少し様子が違いました。

 

この3つの中で、Vラインだけは以前から普通に脱毛の対象になっていました。

 

人気の脱毛部位といえば、まず圧倒的にで両ワキです。その次がこのVラインかヒザ下です。エステサロンや脱毛エステでも扱わないわけにはいかなかったのです。また、扱わない特別な理由もありませんでした。

 

一方、Iライン・Oラインの皮膚はほとんど粘膜状態です。脱毛処理をすると、ダメージを与える可能性も高かったです。

 

そのため、「全身脱毛コース」を用意しているところでも、IラインやOラインはその「全身」の中に含めないのが普通でした。もし、これらまでやるのならば、別料金になったり、あるいは、全くそのお店では扱わないことも珍しくありませんでした。

 

今でも、こういったお店も残ってはいます。ですが、次第に全身脱毛に含めるところが増えています。

 

Vラインもそうですが、それ以上にIライン・ラインには生理の時のおりものや、排出物が付着します。また、汗ばむなど湿り気も多いです。そこにムダ毛があると、こびりついたり、雑菌が繁殖するのも、いっそうひどくなります。

 

必要ということでいえば、むしろほかの部位よりも高いです。

 

Iライン・Oラインの脱毛が一般的ではなかったのは、必要がなかったのではなく、お店側が対応できないためでした。

 

お店側が急にコース設定にも積極的になったのは、脱毛機器も改良され、担当者らにもノウハウが積み上がり、Iライン・Oラインの粘膜での脱毛にも自信を持ったからです。

 

とはいえ、ほかの部位よりも難しく、トラブルも起こりがちで、痛みも強いことには変わりありません。

 

施術してもらう慎重に選ばなければいけません。

 

脱毛方法としては、エステサロン・脱毛サロンのほとんどが採用している光脱毛、医療機関(美容外科・美容皮膚科・美容クリニック)のほとんどが採用しているレーザー脱毛、一部のサロンや医療機関が採用しているニードル脱毛の3種類があります。

 

これはほかの部位の脱毛でも同じで、VIOだけが例外になるわけではありません。また、光脱毛を選ぶ人が最も多いのも、どの部位でも同じです。

 

VIO脱毛の場合、ほかの部位以上に光脱毛がおすすめな理由もあります。

 

光脱毛に比べ、レーザー脱毛は皮膚への負担が大きいです。粘膜を処理するとなると、痛みはいっそう大きく、ヤケドや肌荒れなども可能性が高いです。

 

ニードル脱毛となると、さらにそれ以上です。

 

自然と光脱毛を選ばざるを得なくなってきます。

 

また、皮膚が弱かったり、痛みに特に弱く、「この光脱毛でも、VIO脱毛となると心配でならない」という人は、お店に相談してみましょう。

 

光照射の量は調整できます。1回ごとの施術の効果は弱くなり、トータルでの施術回数が増えるのと引き換えですが、光照射の量を減らしてもらえば、痛みは少なくなります。

関連ページ

全身脱毛はどのくらい通ったら効果がでる?
エステのお試しコースでは何に注意したらいい?
肌が弱くても全身脱毛しても大丈夫?
全身脱毛のメリットはいろいろ
全身脱毛の効果的なやりかたはどうするの?
全身脱毛のお得なねらい目プランはどこがいい?
脱毛サロンの掛け持ちってアリなの?
福岡エリアで格安な料金で体験できる優良エステサロンをご案内しています。全身脱毛が気軽にできる、コスパ抜群のエステが福岡、博多、天神、小倉エリアで見つかります。
脱毛サロンの選び方って?
福岡エリアで格安な料金で体験できる優良エステサロンをご案内しています。全身脱毛が気軽にできる、コスパ抜群のエステが福岡、博多、天神、小倉エリアで見つかります。
脱毛サロンはどんな流れで脱毛する?
脱毛サロンは都度払いの方がいい?
全身脱毛エステの月額制とは?
ゴムで弾いた程度と言われる全身脱毛の痛み・本当はどうなの?
全身脱毛を受けるための事前処理におすすめの道具について
生理中や妊娠中・産後の全身脱毛を受けることは可能なの?
全身脱毛した後のアフターケアではどの様な事が行われるの?
年々進化している?プロが使う全身脱毛のための装置の特長
よくある全身脱毛はキャンペーンで体験する事が出来る?
脱毛サロンの全身脱毛の最新技術ってどうなっているの?
vio脱毛はどのくらいの期間を考えるべきか?
vio脱毛はサロンで脱毛すると恥ずかしいもの?