vio脱毛はサロンで脱毛すると恥ずかしいもの?

VIOラインの脱毛が必要だと考えていても、いざ実際にとなると、自分が施術を受けうている姿を想像して、ためらってしまうような人もいます。

 

ですが、そういった人でも、ほぼ全員が「実際に受けてみたら、別に気にならなかった。考えすぎだった」ということになるようです。

 

・施術の時は何を着ているのか

 

「どのように施術をするのか」でまず思い浮かべることは、「下着はどうしているんだろう。何を着ているんだろう?」ではないでしょうか。

 

これはお店ごとで全く違いますし、あらゆるパターンがあります。

 

また、Vライン・Iラインと、Oラインでも少し異なります。

 

まず、Vライン・Iラインの場合です。

 

一番多いのは、「お店の側で専用の紙下着を用意してある」です。

 

これも、一般的なパンティ型のものもあれば、Tバック型のところもあります。

 

VラインやIラインの脱毛の場合は、少しだけまくるようにしたり、ずらして、照射する部分を少しずつ出していきます。

 

次に多いのが、「腰にタオルを巻きつける」です。

 

これも必要な分だけを開いて、光脱毛の機器のハンドピース部分をかざしていきます。

 

姿勢は仰向けです。

 

一番大変なのが、Oラインです。まず、姿勢はうつぶせか四つん這いです。

 

また、そのままでは光照射する肛門付近はおしりの肉に隠れてしまいます。

 

なので、担当者は片方の手でおしりを開き、もう片方の手でハンドピース部分を握ります。あるいは、助手がついていて、その人がおしりを広げる役目をします。

 

このような状態ですから、紙下着も邪魔になります。そのため、腰にタオルを巻くところのほうが多いようです。

 

ただし、中には「全く何もつけない」「自分の持っているTバックを持って行った」といったところもあるようなので、まずはお店にしっかりと説明を受けたほうがいいでしょう。

 

ここまでの話で、「やっぱり恥ずかしいみたい」と思った人もいるかもしれません。

 

ですが、担当者は毎日のように仕事としてやっています。淡々と進めてくれまず。

 

自分の方さえモジモジしなければ、何事もなく進みます。

 

それともうひとつ覚えておいたほうがいいのは、「時間は短い」です。

 

光脱毛では、使用する機種にもよりますが、2センチ×3センチといった範囲をまとめて光照射します。これをすき間なく順送りにその部位の部分をやれば終わりです。

 

Vラインがやや面積が広いぐらいで、Iライン・Oラインはあっという間に終わってしまいます。「恥ずかしい」といっている暇もないぐらいです。

 

確かに、「いくら仕事とはいえ、まったくの赤の他人にそんなところを見せるなんて」という気分はわかります。

 

ですがちょっとした機会に、友人・知人、彼氏などに、きちんと手入れできていない、あるいは、手入れをしたものの失敗して皮膚が荒れているデリケートゾーンを見られることを考えれば、「どちらのほうが恥ずかしく思わないといけないか」はすぐに答えが出るはずです。

関連ページ

全身脱毛はどのくらい通ったら効果がでる?
エステのお試しコースでは何に注意したらいい?
肌が弱くても全身脱毛しても大丈夫?
全身脱毛のメリットはいろいろ
全身脱毛の効果的なやりかたはどうするの?
全身脱毛のお得なねらい目プランはどこがいい?
脱毛サロンの掛け持ちってアリなの?
福岡エリアで格安な料金で体験できる優良エステサロンをご案内しています。全身脱毛が気軽にできる、コスパ抜群のエステが福岡、博多、天神、小倉エリアで見つかります。
脱毛サロンの選び方って?
福岡エリアで格安な料金で体験できる優良エステサロンをご案内しています。全身脱毛が気軽にできる、コスパ抜群のエステが福岡、博多、天神、小倉エリアで見つかります。
全身脱毛はどんな流れで施術する?脱毛サロンで慌てないように!
脱毛サロンは都度払いの方がいい?
全身脱毛エステの月額制とは?
ゴムで弾いた程度と言われる全身脱毛の痛み・本当はどうなの?
全身脱毛を受けるための事前処理におすすめの道具について
生理中や妊娠中・産後の全身脱毛を受けることは可能なの?
全身脱毛した後のアフターケアではどの様な事が行われるの?
年々進化している?プロが使う全身脱毛のための装置の特長
よくある全身脱毛はキャンペーンで体験する事が出来る?
脱毛サロンの全身脱毛の最新技術ってどうなっているの?
vio脱毛はどのくらいの期間を考えるべきか?
vio脱毛をエステの光脱毛が人気な主な理由について