全身脱毛を受けた後にやってはいけない事・避けたい事とは

脱毛施術では、毛母細胞に熱を与え、そのたんぱく質を変質させることで発毛機能を止めます。3種類ある脱毛方法のどれもがそうです。

 

周辺の細胞に影響がないというわけにはいきません。そのため、施術を終えた日は十分なケアと注意が必要です。

 

施術から帰宅後の入浴はNG

 

脱毛方法のうちの最も一般的な光脱毛では、ジェルを塗るタイプのものと、塗らないタイプのものがあります。

 

ジェルを使った場合、もちろん施術後にぬぐい取ってくれます。それでも家に帰ったら、すぐにでも体を洗いたくなるでしょう。あるいは、ジェルを使ってはいなくても、普段やらないようなことをお肌にやったのですから、違和感があって、やはりスッキリと洗い流したくなるでしょう。

 

ですが、おふろは厳禁です。せいぜいがぬるめのシャワーを浴びる程度にしておきましょう。まだ皮膚にはまだ熱がこもっています。できるだけすんなりと温度を下げなければいけません。

 

入浴するとダメージを長引かせることになってしまいます。

 

保水ケアもしっかりと

 

低料金が売り物のお店に多いのですが、光照射後のケアをごく簡単に済ませてしまうことがあります。極端なところは、冷えたお絞りでもしばらく当てて終わりです。

 

逆にていねいにやるところは、皮膚の温度が下がり、落ち着くまで待ってくれます。その後で、ローションなどを使いフルコースの保水ケアをしてくれます。

 

お店で保水ケアをやってもらっていなければもちろんのこと、やってもらっていても、家に帰った後、自分で保水ケアをしましょう。光照射による熱のせいで、お肌は水分を失っているのです。

 

これは普段からも心がけたほうがいいですね。施術が完了するまで、これまで以上に保水ケアを入念にやるようにしましょう。それがトラブルを避けるコツのひとつです。

 

紫外線対策も入念に

 

紫外線対策も大事です。やはり、光照射で弱ったお肌に紫外線を浴びると、いつも以上のダメージになります。

 

また、これは毎回の脱毛施術でしっかりと効果を発揮させるためにも必要なことです。紫外線を受け、日焼けしているようだと、せっかくの光照射が無駄になってしまうのです。それどころか、やけどしてしまうことまであります。

 

光脱毛やレーザー脱毛は、体の外から光線を当て、毛根や毛母細胞を焼く方法です。こういうことができるのは、皮膚の表面は色が薄くて光が抜けやすく、毛根などは色が濃くて光を受け止めるからです。

 

日焼けしていると、皮膚の表面が光を止めてしまい、そこで発熱してしまいます。

 

あまりに日焼けがひどいと、担当者からその回の施術を断られるようなことまであります。その場合、料金は1回分として、しっかりとカウントされるのが普通です。

 

お肌のトラブルを避けるために、無駄がお金が出ていかないようにするためにも、紫外線対策は重要です。

 

 

⇒福岡の全身脱毛、おすすめ情報はこちら

 

 

関連ページ

全身脱毛はどのくらい通ったら効果がでる?
エステのお試しコースでは何に注意したらいい?
肌が弱くても全身脱毛しても大丈夫?
全身脱毛のメリットはいろいろ
全身脱毛の効果的なやりかたはどうするの?
全身脱毛のお得なねらい目プランはどこがいい?
脱毛サロンの掛け持ちってアリなの?
脱毛サロンの選び方って?
全身脱毛はどんな流れで施術する?脱毛サロンで慌てないように!
脱毛サロンは都度払いの方がいい?
全身脱毛エステの月額制とは?
ゴムで弾いた程度と言われる全身脱毛の痛み・本当はどうなの?
全身脱毛を受けるための事前処理におすすめの道具について
生理中や妊娠中・産後の全身脱毛を受けることは可能なの?
全身脱毛した後のアフターケアが大事!エステではどんなことをしてくれるの?
年々進化している?プロが使う全身脱毛のための装置の特長
よくある全身脱毛はキャンペーンで体験する事が出来る?
脱毛サロンの全身脱毛の最新技術ってどうなっているの?
vio脱毛はどのくらいの期間を考えるべきか?
vio脱毛をエステの光脱毛が人気な主な理由について
vio脱毛はサロンで脱毛すると恥ずかしいもの?
全身脱毛の予約を取る方法とキャンセル時のペナルティ
子供でも受けられるの?全身脱毛の年齢制限について
全身脱毛を受けるなら顔脱毛が含まれているかどうかをチェック
体毛が薄い人でも全身脱毛を受けることはできるの?
全身脱毛を受けると背中ニキビが改善するのはなぜなのか
学割制度もあり?学生におすすめの全身脱毛プランの選び方
毛周期に合わせた全身脱毛の間隔・通う期間と頻度について
全身脱毛を行うエステサロンのスタッフの性別について
全身脱毛の痛みの強さと我慢できない場合の対処法とは