全身脱毛の痛みの強さと我慢できない場合の対処法とは

「脱毛施術がどのくらい痛いか」はなかなか説明できることではありません。

 

痛みの感じ方には個人差があります。その上、同じ人でもその日のコンディションや気分の持ち方でも変わってきます。脱毛方法との相性もあります。

 

そう気が付いてしまうと、体験談の「◯◯のお店の脱毛方法は、痛くはなかった」も信用のしようがありません。

 

だからといって、「可能な限り痛いのを避けたい」「実際に行きだして、痛いようだったらどうするか」に全く手がないわけではありません。

 

・一般的には光脱毛が痛みが少ない

 

脱毛方法には、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の3種類があります。

 

このうちニードル脱毛は、料金が高いだけではなく、痛みも強いです。男性のヒゲなど、狭い面積に向いている脱毛方法です。全身脱毛ともなると、施術する面積が広い分、痛みに耐える分量も増えてしまいます。

 

選択肢から外していいでしょう。採用しているエステサロンや美容系医療機関も、実際に数が少なくなっています。

 

「痛みが少ない」として、人気があるのはエステサロンで主流になっている光脱毛です。

 

ただし、その分脱毛効果にも限界があります。可能性は高くないのですが、数年後にムダ毛が再生することがあります。また、施術が完了するまでの回数は多めで、期間もその分長くかかります。

 

・あえてレーザー脱毛を選ぶ考え方もある

 

美容系医療機関で主流になっているレーザー脱毛は効果も強力で、二度とムダ毛が再生しない永久脱毛になります。

 

「肌の上で輪ゴムをパチンと弾いた程度。大した痛みにはならない」という説明がされることもあります。ですが、最初にお話ししたように、個人差があります。一般的な評価でいえば、「光脱毛より痛い」とされます。

 

ただし、痛みを避ける上で、実はメリットもあります。医療機関なので、麻酔が使えるのです。皮膚に塗るクリーム式のものや笑気ガスを使って感覚を鈍らせる物など、種類もいくつかあります。

 

オプションとして、別料金がかかりますが、痛みを抑えるには有効な手段です。

 

・出力を下げる方法もある

 

ニードル脱毛、光脱毛の両方に共通する対応方法もあります。

 

どちらも光を皮膚の外から当て、その光のエネルギーで毛母細胞を破壊する方法です。使う光の種類が違い、それを区別するために違う名前が使われているだけです。

 

どちらも光の照射量を調整できます。痛みが強いようならば、出力を下げればいいのです。ただし、施術回数が増えるのと引き換えです。

 

また、自分自身でできる対策としては、「普段から紫外線を避ける」「脱毛施術を受けている間は、保水などお肌のケアをいつもよりもていねいにする」などがあります。

 

これも最初にお話ししたように、お肌のコンディションがいいと、同じ施術を受けても痛みは少ないものなのです。

関連ページ

全身脱毛はどのくらい通ったら効果がでる?
エステのお試しコースでは何に注意したらいい?
肌が弱くても全身脱毛しても大丈夫?
全身脱毛のメリットはいろいろ
全身脱毛の効果的なやりかたはどうするの?
全身脱毛のお得なねらい目プランはどこがいい?
脱毛サロンの掛け持ちってアリなの?
脱毛サロンの選び方って?
全身脱毛はどんな流れで施術する?脱毛サロンで慌てないように!
脱毛サロンは都度払いの方がいい?
全身脱毛エステの月額制とは?
ゴムで弾いた程度と言われる全身脱毛の痛み・本当はどうなの?
全身脱毛を受けるための事前処理におすすめの道具について
生理中や妊娠中・産後の全身脱毛を受けることは可能なの?
全身脱毛した後のアフターケアが大事!エステではどんなことをしてくれるの?
年々進化している?プロが使う全身脱毛のための装置の特長
よくある全身脱毛はキャンペーンで体験する事が出来る?
脱毛サロンの全身脱毛の最新技術ってどうなっているの?
vio脱毛はどのくらいの期間を考えるべきか?
vio脱毛をエステの光脱毛が人気な主な理由について
vio脱毛はサロンで脱毛すると恥ずかしいもの?
全身脱毛の予約を取る方法とキャンセル時のペナルティ
子供でも受けられるの?全身脱毛の年齢制限について
全身脱毛を受けるなら顔脱毛が含まれているかどうかをチェック
体毛が薄い人でも全身脱毛を受けることはできるの?
全身脱毛を受けると背中ニキビが改善するのはなぜなのか
全身脱毛を受けた後にやってはいけない事・避けたい事とは
学割制度もあり?学生におすすめの全身脱毛プランの選び方
毛周期に合わせた全身脱毛の間隔・通う期間と頻度について
全身脱毛を行うエステサロンのスタッフの性別について